株式会社シグナル

0120497623 お問い合わせ
戻る

―シグナルのここが好き
人が好きです。やさしいですね。むちゃくちゃ。
あとは社内から話が持ち上がって就業体制を整えるとか、自分たちで変えていけるところがいいところだと思います。



―一番思い出深い仕事は?
私正直、それまで原稿に意味なんてないと思っていました。条件とか、職種とか、そういうことで応募率はある程度決まっているんだと思い込んでいたんです。けれど一度お仕事をさせて頂いた会社様が、同じような条件での求人が他にも多くある案件だったんですが、原稿を自分なりに工夫して、ストーリー性のあるものにしたら応募がアップしたんです。そのとき初めて、自分の仕事で結果が変わるということを実体験でき、とてもうれしかったことが思い出深いですね。



―仕事をする上でのモットーを教えてください
「人生楽しんだもん勝ち」です。つらいことがあっても、ぐっすり眠って起きたら忘れるようにしています。切り替えることが大切!



―まだ見ぬシグナルの仲間へメッセージを
この仕事は正直、誰にでも出来る仕事かもしれません。その分大変なことも多く、入りたての頃は私もつらかった。。。
でも、超えたところに、超えた人にしか分からない何かが待っています。
人に会うことが好きで、お客様と会うことを楽しめる人であれば、きっと仕事も楽しいと思います。
一緒に楽しんで仕事ができるよう、頑張りましょう!

戻る

―シグナルのここが好き
みんな言ってるかもだけど、先輩が、すごくいい。プライベートでも、仕事でもすごく良くしてくれるので、そういう環境で仕事ができることがいいところだと思います。



―社内の好きな人は?その理由は?
エリアグループをマネジメントしてくれている先輩なんですが、僕が入社してすぐの新卒チームをリーダーとしてずっと教えてくれていました。今も一緒に仕事させてもらってるのですが、その人が一番人の心を握るのがうまいと思うんです。絶対的存在、とでも言うんでしょうか。社内でもみんなが頼っている存在です。
営業同行させてもらったときも、お客様の中ではやはりお金やモノを優先され、後回しにされがちな僕らの仕事が、先輩と行ったら、社長とかがわざわざ手を止めて、「よーきたな」と長話してしまうくらいなんです。すごく信頼されているんだなと感じましたね。
そこまでの関係になれたら、困ったことあったらお客さんからすぐに連絡が来ますよね。僕ら営業って、本来はこちら側からアプローチして、状況確認して、売り上げにつなげていく仕事ですけど、もうそこまで行ったら、お客さんの方からどんどん言ってきてくれる。それが本当の理想の形なんだろうなと思います。どうやったらそうなれるんだろうか?と考えながら日々邁進しています。

戻る

―シグナルのここが好き
この会社、役職をつけて名前を呼んだりしないんです。上司も部下もみんな、「○○さん」って呼び合います。肩肘張らず、フレンドリーなところが私は心地よいですね。あと、自ら発信して、提案を受け入れてもらいやすい環境であることも好きなポイントです。仕事においてもそうですが、私自身、産休・育休を取得した初めての社員なんです。不安もありましたが、何度も話し合って、どうやっていくのが最適か、会社が一緒になって考えてくれました。後輩の女性社員たちにとって、よい道しるべを作れたらいいなと思います。



―社内の好きな人は?その理由は?
私の所属するチーム全員のことを尊敬しています。男女、年齢も様々で10名いるのですが、みんな聞き上手で、常にお客様の立場に立って考える事のできる人ばかりです。



―最後に一言
仕事も子育ても、一筋縄ではいかないことばかりです。両立させるコツは、無理しすぎないこと、ですかね。自分に無理があると、お客様や一緒に仕事をしてるみんなにも伝わってしまいますから。メリハリを大切に、かっこいいママになっていきたいと思います!

戻る

―シグナルのここが好き
僕個人として好きなところは、一生勉強できるところですかね。
ぼくは長く同じお客様を担当させていただいているのですが、マンネリ化って一切ないんです。同じお客様でも、担当者が変わったり、外部環境や事業の方向性が変わることで大きく変化されます。そのたびに営業のスタイルも変えていかないといけない。お客様のカラーに応じて、自分のやるべき事が変わってくる。この仕事、そこが面白いな。と思います。



―社内の好きな人は?その理由は?
エリア担当時代に助けられた先輩に今も感謝してます。
当時全く売上が立てられていなかったのですが、その上司は毎回、私に売上目標を高く設定してくれたんですよね。
そこがターニングポイントでした。「俺は期待されている」と、腐らずに頑張り続けることが出来たんです。
上司は僕の性格や性質みたいなものを見抜いて、そうしてくれたんだと思います。



―仕事をする上でのモットーを教えてください
「自分が出来るやつだと思わない」ですね。
学ぶものがないと思ってしまったら、そこでアウトですよね。
やっぱり、一生勉強ですよ。



―まだ見ぬシグナルの仲間に一言
一人一人に必ず強みや個性があります。
あなたの個性を存分に出してぶつかってきてほしいと思います。

戻る

―シグナルのここが好き
良いところは、営業と内勤、職種は全然違うんですが、内勤は「営業さんも大変やし」と、営業は「内勤も大変やし」とお互いに思いやりを持って仕事ができているところが良いと感じます。営業と内勤の力関係がちょうどいいって、なかなか少ないと思うんですよね。



―社内の好きな人は?その理由は?
普段、何事も自分が決裁を出して進めていく立場なので、上司である女性は、とても安心できる存在です。実務での関わりは少ないのですが、時間を設けて「今日こんなことがあった」という報告をさせてくれるんですよ。一人でも頼れる人がいる。私にとって大切な存在ですね。



―シグナルに入って、得たものは??
常に新しいことにチャレンジさせてくれるので、「飽きた」と思うことがないんですよ。例えば「アシスタントの部署をまとめて」と言われたり、「新人研修を改善したいんだけど(どうしたらいいと思う?)」という話をもらい、そこから自分で考えていろいろと試行錯誤してみたり。会社の環境も年を追うごとに変化し、それに応じて発生する新しい要望に対して、自分で工夫して答えをみつけていく日々です。言われたことだけをやればいいという環境ではなかったので、自分で考えて自分で決める、という力を身につけることが出来たと思います。

戻る

―シグナルのここが好き
長年一つの企業を見続けると、良いところも悪いところも、表裏一体ですよね。
昔はがむしゃらで「俺が頑張らな、会社がつぶれる」という、ある種の危機感を持って仕事をしていましたね。売り上げも、自分の給料も、利益も分かる。これは俺がどんだけ売らなあかんのか、と分かりますよね。まさに自分ごと。
パソコンもない時代。さあどうしよう、というところから始まっているんです。その頃から比べると、ずいぶん豊かになったなと感じます。



―求める人物像
当社は一般的な会社とは違う変わってるところがあります。上が決めて下が動く、というスタイルの会社ではなく、下から意見を挙げたり、下がやりたいことを実現できる風土があるんですよ。
例えば、今日も面接があったんですけど、入社2年目の社員が面接官として僕と一緒に立ち会っています。これは、その社員たちが自ら面接官に立候補して実現させた例です。キャリアとか立場とか関係なく、ああしたい、こうしたい、と言える人がきてほしいですね。思ったことは叶えられる環境がありますから。
一方で営業マンとしては「相手軸で動ける人」が良いと思います。
相手の気持ちを察する、気配りの出来る人。「自分自分」の自分軸じゃなく、一体自分は何を期待されているんだろう?それに対して自分はどうしたらいいんだろう?という発想が出来る人がベストかな。と思いますね。そういう人って、社内でもお客さんからも支持されますよ。



―仕事をする上でのモットーを教えてください
私自身が大事にしていることは「正直者は馬鹿を見ない」という格言です。
営業やから、派手な話術やスーパープレーがもてはやされるかもしれない。けれどもそんなものは求めてないんです。
シグナルカラーも、そんな風にしていきたいと思ってるんです。「目に見えない貢献」というか、本当に「気持ち」が伝わる配慮をきちんとやれる人がいる会社が大事だと思ってる。評価にもならんことやって馬鹿だな、とか、もっと結果を挙げられることだけをやれっていうことばかりになってしまう会社って、寂しいですもん。僕はそういう「目に見えないこと」をきちんとやってる社員をきちんと見てやれる上司でありたいんです。